都筑区北山田にある、『ピアノって楽しい!』と言う気持ちを大切にする教室です♪

都筑区北山田のピアノ教室 – ドルチェピアノ教室

Csus4(シーサスフォー)

   

横浜市都筑区北山田のドルチェピアノ教室です。

教室ではコードをレッスンに取り入れています。

ある日のレッスンの最後に「今日はCsus4を聴きましょう」と私がコードのCsus4を演奏して、Aちゃんが耳を澄まして響きを聴きます。

「面白い響きでしょう?」

「Csus4(シーサスフォー)と言ってみましょう。」

「シーサスフォー」

「どんな感じがしましたか❔」

「おもしろいかんじ・・・」

「この曲に使われているよ」と曲を演奏し始めました。

♪チャン、チャンチャン、、チャンチャン、チャン、チャンチャン、、チャンチャン・・・♪

「あっ、アナ雪だ!」と、嬉しそう。

「そう、アナと雪の女王の”生まれてはじめて”の最初に使われているコードだねぇ。」

「うん。」生まれてはじめて”の出だしを弾いてみるAちゃん。

Aちゃんの顔はさらに嬉しそうです(*^-^*)

ひと昔前はコードと言えば、ポピュラーやジャズの世界のものだと考えられていて、ピアノのレッスンには全く縁がないものでした。

わたしが音大に行くまでは、コードの”コ”の字も知りませんでした。

音大のピアノのクラスで唯一の男の子のA君が、ある時ジャズ風な曲を即興で演奏して、それがものすごくかっこ良かったのを今も覚えています。

そのA君はコードが分かっていて、クラシックの楽譜もコードで弾いて、アレンジも出来てしまうという、楽譜を読んでしか弾いたことがない私には、未知の世界で憧れでした。

これが、わたしのコードへの憧れの始まりでした。

コードに憧れるものの、そう簡単にA君みたいにジャズのアレンジ演奏が出来るようにはなりません。

コードに少しづつ少しづつ慣れて、ポピュラーの伴奏は予習すれば何とかなるようになりました。

子どもの頃からやっていたら・・・。

という思いで、コードをレッスンに取り入れることにしました。

小さな生徒さんは、私が演奏した12種類のコードを耳を澄まして聴きます。コードの違いを楽しんで、味わって、覚えます。

小学校中学年以上の生徒さんは、12種類全調性のコードを弾いて、違いを楽しんで、味わって、覚えます。

日頃ピアノで弾いている曲も

「これはCだねぇ」

「これはCマイナーだね」

「これはCオーギュメントだね」・・・・

こんな風にコードが分かると音にも耳をもっと傾けられるようになります。

わたしもまだまだ勉強中ですが、コードか分かる喜びをみなさんと共有できたらと思っています。1460690706374

 

 - コード , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノランドマスターコース卒業コンサートを終えて

横浜市都筑区都筑区北山田のドルチェピアノ教室です。 先週木曜日は、ピアノランドマ …